お知らせ
多様な薬

バルトレックスは、バラシクロビル塩酸塩が主成分になっている抗ウイルス化学療法剤です。

有効成分バラシクロビル塩酸塩が、ウイルスのDNA鎖の伸縮を停止し、増殖を抑制させます。
従って、単純疱疹や帯状疱疹、水痘の治療ならびに性器ヘルペスの治療、再発抑制に効果効能を発揮します。

引用元:バルトレックス500mgの通販:単品4,280円【まとめ買い35%割引】ネット総合病院

これにより腸からの吸収性を向上させたプロドラッグとして、単純ヘルペスウイルス1や単純ヘルペスウイルス2、水痘・帯状疱疹ウイルスに対して強力な抗ウイルス作用を示すとされ、米国や欧州の国々などで承認されている医薬品です。
バルトレックスの適応症としては、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、水痘、帯状疱疹などの治療に用いられるだけで無く、予防治療や再発抑制治療にも用いられています。
バルトレックスは、体内でアシクロビルとして代謝された後に、余分な栄養素や毒素と共に尿や便として薬剤の90%以上が体外に数日で排出されます。
なので軽度の副作用の頻度が非常に低い上に、重篤な副作用の発症リスクが非常に低いとされています。

バルトレックスは、初感染治療や再発治療の場合は服用量500mgを1日2回を5日から10日程度継続服用しますが、再発抑制治療の場合は服用量500mgを1日1回最大で1年間継続服用します。
バルトレックスは、感染者の年齢では無く体重40Kgをガイドラインとして成人を区別しており、体重40Kg以下の服用者は体重1kgあたり25mgを目安としてバラシクロビルを摂取します。
バルトレックスは、食事による影響が少ない医薬品なので食前食後と時間に縛られる必要が無く、消化器官への影響が気になる方は食後の服用が無難とされています。

ヘルペスは皮膚が傷つきやすいので他の病原体に感染しやすい病気であり、1度感染すると一生保菌者となる為に、非常に再発率が高い感染症です。
バルトレックスを手元に常備しておき、皮膚や性器などに違和感を感じたらすぐに服用すると症状も軽く治療期間も短縮出来ますが、出来る事なら治癒後も継続服用が再発抑制治療の観点で望ましいとされています。

記事一覧
白い錠剤

カップル間で気を付けなければならないこととして、性感染症(STD)の問題があります。 性感染症につい...

黄色のカプセルと白い錠剤

バルトレックスは、英国の大手製薬会社が開発したヘルペスウイルスに有効とされる抗ウイルス化学療法剤であ...

手のひらにある薬

バルトレックスはヘルペスに対して有効な治療薬ですが、ヘルペスウイルスを完全に体から排除する事が出来る...

心配する男性

バルトレックスは単純疱疹や水疱瘡などのヘルペスウイルスが原因で発症する病気に対して有効な治療薬であり...