• ホーム
  • 性器ヘルペス治療にはお湯とバルトレックス

性器ヘルペス治療にはお湯とバルトレックス

ヘルペスの症状は、口唇や性器にウイルスが感染することで発症します。
日本では近年において性感染症(STD)の症状が増えていると言われており、性器ヘルペスに関しても症例の多いものとなります。
ヘルペスに感染したときの補完治療としては、温かいお湯に患部を浸ける方法があり、お湯に浸かっていない場合には患部を乾燥させておくことになります。
突発的に痛みやかゆみ、不快感を減らすときにお湯に浸かることがおすすめとなります。

性器ヘルペスなどの症状を根本的に治療するためには、泌尿器科や婦人科などの病院を受診してバルトレックスの処方を受けることが推奨されます。
発症したときには皮膚に水ぶくれのような腫れものができて、痛みを伴います。
ヘルペスはウイルスに感染することで発症して、ウイルスが増殖することで症状が悪化します。
バルトレックスには塩酸バラシクロビルが成分として配合されており、体内に取り入れることによって、ウイルスのDNAの複製を阻害する働きがあります。
ヘルペスは発症すると症状が治ったときであっても、ウイルスが神経節に残ることが多いために完治が難しいと言われています。
再発することが多くて、その場合には皮膚がヒリヒリしたり、発疹が出て痛みやかゆみを伴います。

症状を感じたら少しでも早く、バルトレックスを服用することがおすすめとなります。
バルトレックスにはウイルスの増殖を減らして、症状を軽減させる作用がありますので早期治療に有効性のある医薬品となります。
性器ヘルペスの場合には、1日に2回、1回あたり1錠の服用を行います。
食前でも効果はありますが、理想としては食後に服用したほうが良いと言えます。
薬の作用が胃腸を荒らすことが考えられるために、食べ物と一緒に消化したほうが良いです。

関連記事