• ホーム
  • 咳で感染のヘルペスはバルトレックスで昔より簡単治療

咳で感染のヘルペスはバルトレックスで昔より簡単治療

ヘルペスは口唇や性器などにウイルスが感染して、赤い発疹や水ぶくれなどの症状が現れて、痛みやかゆみを伴う病気です。
ウイルスが増殖して再発してしまうことから、ひと昔前は治療することが難しいと考えられていましたが、現在ではバルトレックスなどの医薬品があるために、早めに服用することでウイルスの増殖を防ぐことが可能です。

ヘルペスウイルスの感染方法は、接触や咳、くしゃみなどの飛沫によるものと言えます。
性器ヘルペスの場合には、性行為によっても感染します。
口唇や性器にヘルペスが感染したときには、早めに泌尿器科などの病院を受診してバルトレックスの処方を受けることが大切です。
バルトレックスは水で飲む方法となり、1日あたり2回の服用を行います。
バルトレックスには塩酸バラシクロビルという成分が使用されており、体内に取り入れることでヘルペスの原因となるウイルスを攻撃する作用があるために、ウイルスの増殖を防ぐことが可能になります。
ウイルスは再発することが多くなりますので、治療できたときにも油断することなく、服用を継続することも効果的です。

症状を感じ始めたときには、早めにバルトレックスを服用することでウイルスの増殖を最小限に抑制することが可能です。
5日間連続的に服用したときには、70%ほどの確率でウイルスが増えることを停止できると言われています。
症状が治まったときに服用を止めるのではなく、可能なかぎり5日間にわたって継続的に服用することが大切になります。
副作用としては、眠気や頭痛、胃腸症状などがあり、薬剤が代謝されるまでの消化器官に負担がかかることがあるためと言えます。
バルトレックスでは副作用の発現は少ないと考えられており、安全性の高い医薬品となります。

関連記事