• ホーム
  • バルトレックスでヘルペスが治らなかったら

バルトレックスでヘルペスが治らなかったら

手のひらにある薬

バルトレックスはヘルペスに対して有効な治療薬ですが、ヘルペスウイルスを完全に体から排除する事が出来るという訳では無いです。
そのためにバルトレックスを服用してヘルペスが収まったとしても、ウイルスは神経の中に潜っている状態で残るので時間が経つと再び発症するというのは普通です。
一生付き合っていかなくてはならないので、発症する度にバルトレックスを服用する事で症状を緩和する事になります。
だからこそヘルペスは感染しないように気をつけるのが最も大切なのです。

ヘルペスはどういう状態で発症しやすいのかというと、ストレスや睡眠不足などで体の免疫機能が低下した状態になった時です。
そのために、発症を抑えたいのであれば普段から健康的な生活をするように心がける事が大切なので、頻繁に発症する場合は治療薬の服用だけでは無くて普段の生活習慣についても見直してみた方が良いです。
生活習慣を見直すだけでも発症の頻度を抑えられる可能性は十分にあります。

また、バルトレックスはヘルペスウイルスを死滅させる効果がある訳では無く、ウイルスが細胞内に侵入して増殖するのを抑える働きがあります。
つまり、発症してから時間が経てば経つ程ウイルスの増殖が進行してバルトレックスの効果があまり無くなってしまい、逆に症状が現れてから服用するのが早ければ早い程より高い効果が現れるという事になります。
ヘルペスを発症してバルトレックスを服用しても全く症状が変わらないと感じるのであれば、薬を服用するのが遅かったという事も考えられます。
ただ、薬を服用するのが遅かったとしても時間が経てば通常は徐々に症状が収まってくるはずであり、全く症状が改善されないようであれば別の病気の可能性もあるので医師に相談すべきです。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧