• ホーム
  • カビと違うヘルペスの症例はバルトレックスで治療

カビと違うヘルペスの症例はバルトレックスで治療

性感染症などの病気は、カビやウイルスによって引き起こされることがあります。
性行為によって感染する恐れのある症状として、カンジダや性器ヘルペスをあげることができます。
カンジダはカビの一種の真菌によって現れる症状で、ヘルペスはDNAを複製することで増殖します。
カンジダは真菌となるために罹ってしまうことで、常在菌となりますし、ヘルペスは神経節の中に潜む形となり、免疫力が落ちたときに再び活動します。

性器ヘルペスに有効性の高い医薬品は、バルトレックスとなります。
バルトレックスは病院で処方される医薬品ですので、皮膚に水ぶくれの腫れものができてきたときには、泌尿器科や婦人科などを受診することがおすすめです。
バルトレックスに含まれている塩酸バラシクロビルは、人間の体内に取り込むことによって、ヘルペスの原因となっているウイルスを攻撃して増殖を防ぐ作用があります。
ヘルペスの症例が発症してから5日以内にバルトレックスを服用することで、ウイルスが増えることを最低限に抑えることが可能となります。

性器ヘルペスのときには、1日2錠の服用をすることとなり、朝と夜に1錠ずつ水と一緒に飲みます。
バルトレックスはDNAポリメラーゼ阻害薬で、ウイルスのDNAが複製されることを阻害する働きがあります。
先発薬としてはゾビラックスという医薬品がありましたが、それを改良して服用回数を減らすことで、副作用が起きにくくしたプロドラッグに該当します。
薬に膜が張っていて、患部に到達してから膜が破れる仕組みとなっていますので、有効成分が体内にしっかりと吸収されるように作られています。
病院で処方を受けるときには、1錠あたりの価格は約550円ほどとなります。

関連記事